覚える技術 脳内で映像化や語呂合わせも

 日本経済新聞  2016/02/23(火)  短時間で記憶し、いつでも引き出せるようになるためのポイントは、覚えるべき内容を整理、理解した後に、目的によって「映像」「音感」「語呂」「カテゴリー」を使い分けて覚えること。この手順が“効く”のは脳の仕組みに理由がある。  脳は年齢に応じて、記憶するプロセスが変わると言われている。10代までは「九九」のような「言葉に意味を持たない内容」でも丸暗記…

続きを読む

アクセスの多かった記事(昨日)