Brexitの衝撃(5)次のリーダーを探れ

 日本経済新聞  2016/07/02(土)  「次のリーダーが誰になるのか探ってほしい」。英国の欧州連合(EU)離脱が固まった6月24日夜、日立製作所会長の中西宏明(70)は英国の原子力子会社や鉄道子会社の取締役を務めるスティーブン・ゴマソール(68)にメールを打った。ゴマソールは駐日英国大使を務めた元外交官で、英国の政治家や官僚に厚い人脈を持つ。  中西と社長の東原敏昭(61)が「離脱に…

続きを読む

Brexitの衝撃(4)ポンド急落「暗黒の金曜」

 日本経済新聞  2016/07/01(金)  英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問うた23日の国民投票当日。午前9時(日本時間午後5時)ごろ、イングランド銀行(中央銀行)総裁のマーク・カーニー(51)は金融街シティーのスレッドニードル通りの本店に向けて歩を進めていた。「打てる手は打ったが、EU離脱は何としても回避してほしい」。カーニーの緊張した顔には、そんな本心がにじみ出ていた。実際、この時…

続きを読む

Brexitの衝撃(3)「次は我々の番だ」

 日本経済新聞  2016/06/30(木)  「英国、欧州連合(EU)から離脱へ」。24日早朝、英メディアが国民投票の大勢判明を速報すると、オランダの極右・自由党の党首ヘルト・ウィルダース(52)はすかさずツイッターに書き込んだ。「次はオランダの番だ」。ブリュッセルとロンドンのエリートだけが得をする欧州統合に英国民は「ノー」を突きつけた。そうウィルダースは解釈してみせる。「そんなEUに未来は…

続きを読む

Brexitの衝撃(2)賭けと誤算 勝者も凍る

 日本経済新聞  2016/06/29(水)  英国の欧州連合(EU)残留の是非を問う国民投票前の最後の週末となった19日。ロンドン中心部のハイドパークで残留派が開いた集会に、意外な人物の姿があった。元欧州議会議員のスタンレー・ジョンソン(75)。離脱派を率いた前ロンドン市長、ボリス・ジョンソン(52)の実父だ。スタンレーは息子とよく似たブロンドをふり乱し、怒りもあらわに叫んだ。「ボリスよ、な…

続きを読む

Brexitの衝撃(1)EU終わりの始まりか

 日本経済新聞  2016/06/29(水)  米西部時間23日夜。米大統領のバラク・オバマ(54)は世界起業家サミットに出席するため訪れたカリフォルニア州サンフランシスコで、米グーグル最高経営責任者(CEO)のスンダル・ピチャイ(43)らと夕食をとっていた。  オバマは欧州連合(EU)の是非を問う英国民投票のキャンペーン中に訪英して盟友の英首相デービッド・キャメロン(49)を援護射撃するな…

続きを読む

テロ受け英EU離脱派に勢いも 国境管理強化要求 首相、残留へ説得

 日本経済新聞  2016/03/25(金) 【ロンドン=小滝麻理子】ベルギー連続テロが、6月23日に英国が行う欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票の行方にも影を落としている。実行犯が移民系の若者たちだったことなどで、離脱支持派では「EU離脱でより厳格に国境を管理すべきだ」との声も広がる。残留を目指すキャメロン首相は国民の説得に全力をあげる構えで、約3カ月後に迫った国民投票まで駆け引きが続…

続きを読む

欧州、空港の警備増強 ブリュッセル連続テロ 国際列車を一部運休

 日本経済新聞  2016/03/23(水) 【ロンドン=小滝麻理子】ブリュッセルでの連続テロ事件を受けて、欧州各国ではテロへの警戒態勢を相次ぎ強化した。ロンドンやパリの主要空港は警備を増強し、国際列車も一部運行を休止。昨年11月のパリ同時テロ発生後、各国はすでにテロ警戒を最高水準に上げていただけに、安全なはずの空港内の爆発には大きな衝撃が走り、テロの連鎖に危機感を強めている。  英国のキャ…

続きを読む

「女王・メルケルの刺客」は誰に

(FINANTIAL TIMES)ドイツ・チーフ・コレスポンデント ステファン・ワグスティル 日本経済新聞  2016/03/20(日)  ドイツのメルケル首相が国内3州で実施された地方選で勢いを失っていることは皆が認めている。同地方選では、同氏率いる保守系与党・キリスト教民主同盟(CDU)が退潮し、同国の有権者が欧州移民危機への対処を巡って、同氏に根強い不安を抱えていることを示した。  し…

続きを読む

EU政策に影響も 独地方選で反難民政党躍進 

4期目狙う首相に痛手 日本経済新聞  2016/03/15(火) 【ベルリン=赤川省吾】大勢の難民が流入するドイツで13日、地方選が行われた。メルケル首相が率いる国政の保守系与党・キリスト教民主同盟(CDU)が退潮する一方、反難民を訴えて政府の批判票を集めた新興右派政党「ドイツのための選択肢」が躍進した。連立与党は難民に寛容な政策の立て直しを迫られ、欧州連合(EU)の難民政策にも影響を及ぼしそ…

続きを読む

インド資源開発規制 緩和 原油や天然ガス、採掘許可を一本化

ガス価格、一部自由化 日本経済新聞  2016/03/12(土) 【ニューデリー=黒沼勇史】インド政府は減少傾向にある原油や天然ガスの国内生産を増やすため、新鉱区の取得や採掘許可に関する制度の改革に乗り出した。探索や採掘の許可を一本化するなど簡素化し、政府が規制してきたガスの販売価格も一部鉱区で自由化する。企業の投資を呼び込んで、開発を加速するねらいだ。  インドでは2040年までに原油需要…

続きを読む

アクセスの多かった記事(昨日)