韓国、政策金利据え置き 海外資金流出を警戒

経済停滞、来月利下げも 日本経済新聞  2016/03/11(金) 【ソウル=加藤宏一】韓国銀行(中央銀行)は10日の金融通貨委員会で政策金利を年1.5%に据え置くことを決めた。停滞する景気を下支えするために利下げに踏み切るとの見方が根強かったが、通貨ウォンの一段安で外国人投資家が株や債券の売りを加速する事態を警戒したもようだ。  一部の委員は利下げを主張した。4月利下げの可能性は残る。 「…

続きを読む

アジアが突き進む軍の近代化 

 The Economist 日本経済新聞  2016/03/01(火)  中国が1979年にベトナムに侵攻して以来、アジアで国家同士の全面戦争が起こっていないことは特筆すべき事だ。それだけに、この地域が今、大型兵器の国際市場取引のほぼ半分を占めているのは目を引く。アジアのシェアは戦争で荒廃している中東の2倍近く、欧州の4倍にのぼる。 十大輸入国の6カ国を占める  武器取引のデータを管理し…

続きを読む

4年目の朴槿恵(下)進まぬ改革 財閥頼み再び

 日本経済新聞  2016/02/26(金)  朴槿恵(パク・クネ)大統領がこの3年、政策関連で最も多く発した言葉は「経済」でした――。25日に就任4年目を迎えるのを前に韓国大統領府は23日、演説などの分析結果を発表した。言及は1万7千回以上。「統一」や「安全」を大きく上回り、いかに経済に心を砕いてきたかを訴えた。  頻繁な経済への言及は思うように成果が出ないいらだちにも映る。経済は振るわな…

続きを読む

4年目の朴槿恵(中)「独断」で波紋、分裂やまず

 日本経済新聞  2016/02/25(木)  「突然決めたならもっと詳しい説明が必要だ」。16日、韓国国会の控室。演説前のあいさつに訪れた朴槿恵(パク・クネ)大統領に、最大野党「共に民主党」の金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員会代表は南北協力事業、開城工業団地の操業中断の経緯をただした。  今はライバル政党トップの金氏だが、2012年の大統領選の際は朴氏の政策ブレーンだった。大企業に偏…

続きを読む

4年目の朴槿恵(上)急旋回する韓国外交 対北朝鮮で中国と距離

 日本経済新聞  2016/02/24(水)  韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領(64)が25日、就任4年目に入る。北朝鮮の脅威増大や国内経済の低迷で岐路に立ちながらも、外交・内政での強硬姿勢が際だつ。「ポスト朴」を決める大統領選を来年に控え、レームダック(死に体)化と闘う1年になる。  「1つの問題で中韓関係が一瞬のうちに破壊されることもある」。23日、中国の邱国洪駐韓大使は韓国最大野党「…

続きを読む

ウォン急落、韓国警戒 5年8カ月ぶり安値 中国減速、外国人が株・債券売り

異例の口先介入 日本経済新聞  2016/02/20(土) 【ソウル=加藤宏一】韓国当局が急激なウォン安に警戒感を強めている。19日のソウル外国為替市場でウォン相場はドルに対して5年8カ月ぶりの安値をつけた。経済的な結びつきの強い中国景気の減速が続くなか、韓国経済の先行きへの不安から外国人投資家が株や債券を売っている。政府・中央銀行は同日、ウォン売りをけん制する異例の口先介入に踏み切った。 …

続きを読む

韓国産戦闘機KFX開発、視界開けず 頼みの米技術移転に壁

 Asian300韓国航空宇宙産業 日本経済新聞  2016/02/11(木)  韓国の防衛産業大手、韓国航空宇宙産業が初の国産戦闘機の開発に挑む。総事業費が180兆ウォン(約18兆円)と期待する巨大プロジェクト。完成すれば、北朝鮮の軍事的脅威に向き合う韓国軍に提供するだけでなく、輸出にも乗り出して世界の防衛産業に風穴を開ける構えだ。もっとも期待していた米国からの技術移転には、壁が立ちはだかる…

続きを読む

韓国、迎撃システム配備へ米と協議

参考資料👀 Wikipedia:THAADミサイル👀 LOCKHEED MARTIN:Terminal High Alitude Area Defense政策を転換 日本経済新聞  2016/02/08(月) 【ソウル=峯岸博】米韓両国は7日、北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射を受け、地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の在韓米軍配備に向けた公式協議を始めると発表した。同日午後…

続きを読む

鉄鋼大手、業績悪化に拍車 ポスコ、初の最終赤字

中国が過剰生産、価格下落 日本経済新聞  2016/01/29(金)  世界の鉄鋼大手の業績悪化に拍車がかかっている。韓国の鉄鋼最大手ポスコが28日発表した2015年12月期の連結最終損益は初の赤字に転落した。中国勢の過剰生産で鋼材価格が下落し、収益を圧迫した。各社は人員削減や操業停止などリストラを進めるが、市況悪化に追いつかない。中国政府は過剰設備の解消に躍起だが、成果はなかなか上がらず、鉄…

続きを読む

サムスン半導体に陰り 10~12月、6四半期ぶり部門営業益減

 ASIA300長引く市況悪化 コスト削減急ぐ 日本経済新聞  2016/01/29(金)  右肩上がりの拡大でサムスン電子の業績を支えてきた半導体部門に陰りが見えてきた。28日発表した2015年10~12月期決算で、同部門の営業利益は1年半ぶりに直前の四半期を下回った。技術で世界の先頭を走る同社も、市況悪化の打撃を跳ね返せなかった。利益水準はなお高いが、スマートフォン(スマホ)事業の不振を補…

続きを読む

アクセスの多かった記事(昨日)