木質バイオマス発電の事業採算性評価ツールを開発

―簡単な入力で多種多様な事業評価が可能に― 森林総合研究所 2015/10/07(水) ポイント木質バイオマス発電の事業採算性評価ツールを開発しました。このツールは、簡単な入力で多種多様な事業評価ができます。木質バイオマス発電の実施検討等での活用が期待されます。概要 国立研究開発法人森林総合研究所(以下「森林総研」という)は、木質バイオマス発電の事業採算性評価ツールを開発しました。このツールは…

続きを読む

太陽光価格2割下げ 政府、買い取りより使用促す 3年で 電気料金転嫁歯止め

 日本経済新聞  2016/04/02(土)  経済産業省は、企業や家庭が発電した太陽光電気の買い取り価格を2019年度までに今より2割以上引き下げる。買い取り価格を高めにしたことで太陽光発電はいきおいよく普及してきたが、一般家庭に転嫁される料金の負担が重くなりすぎたため価格を適正な水準に下げる。電気を売るよりも、自宅や工場で使うようにうながす。太陽光発電に対する行き過ぎた優遇措置を是正する。…

続きを読む

再生エネ家庭負担、年5688円に 15年度から電気代上乗せ倍増

参考資料👀 資源エネルギー庁:再生可能エネルギーの平成27年度の買取価格・賦課金 日本経済新聞  2015/03/19(火)  太陽光発電など再生可能エネルギーの拡大による家計の負担額が標準的な電気使用量の家庭で2015年度から年5688円に増えることが18日わかった。建設を終えた太陽光パネルが続々と発電を始めるためで、負担額は今年度の2700円から2倍超に膨らむ。再生エネは温暖化対策と脱原発…

続きを読む

木材 エネルギー利用の影で(下)小規模発電に採算の壁 廃熱利用が不可欠に

参考資料👀 PRE TIMES:千葉大学のサポートによる「丸太燃料流通トータルビジネス」 日本経済新聞  2016/03/24(木)  「効率的な発電をすることは現時点では難しいだろう」。合板メーカー、林ベニヤ産業(大阪市)の内藤和行社長は話す。舞鶴工場(京都府舞鶴市)の敷地内にバイオマス発電所の建設を計画していた。だが、収支を検討した結果、一旦計画を中断することにした。 採算が合わない…

続きを読む

木材 エネルギー利用の影で(上) チップ奪い合い 発電所増、パルプしわ寄せ

 日本経済新聞  2016/03/23(水)  木材を発電用燃料として使う動きが活発になっている。木質バイオマス(生物資源)発電所が相次ぎ稼働、未利用資源活用や建設廃材の処理に一役買っている。木材業界の救世主と期待される木質バイオマス発電所だが、製紙用パルプが不足になり、価格が高騰する弊害も出始めた。 関西で2割上昇 「いつ納入を断られるか、不安もある」。住宅の壁材「パーティクルボード」を製…

続きを読む

経産省、風力の安全規制強化 事故相次ぎ、検査義務付け 太陽光は自主点検要請

 日本経済新聞  2016/03/22(火)  経済産業省は、風力などを使った再生可能エネルギーの導入拡大に向け、発電設備の安全規制を強化する。全国で風力発電施設の羽根が落下するなどの事故が相次いでいることを踏まえ、2017年度から大型の風力発電設備を持つ事業者に3年ごとの定期検査を初めて義務付ける。太陽光は自主点検などの保安対策強化を事業者に求める。  22日の産業構造審議会(経産相の諮問…

続きを読む

バイオマス発電の光と影 未利用木材、人気沸騰に危うさ

 日本経済新聞  2013/12/10( )  再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度をきっかけに、全国で木質バイオマス発電所の建設ラッシュが起きている。特に高額で買い取られるのが、「未利用木材」と呼ばれる山間部に捨てられた間伐材を燃料に使った電力だ。長年、森林の環境破壊を引き起こす「厄介者」と目されていた未利用木材だったが、一転して複数の事業者が奪い合う「人気者」に変貌した。 ■山火事の…

続きを読む

ご当地エネ 海から森から 自治体が開発、災害時にも強み

 日本経済新聞  2016/03/20(日)  地域に眠る未利用のエネルギーを掘り起こし、熱や電力を供給しようとの動きが盛り上がっている。東日本大震災は大規模集中型のエネルギー供給システムの弱さを浮き彫りにし、昨年採択された地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」は、温暖化ガス削減に向けて一層の対策を求めた。地元の未利用エネルギーを探索し、無駄なく利用する試みを、政府も後押ししている。 「この下に…

続きを読む

バイオマス燃料、王子HDなど輸入拡大 国内で安定調達難しく

 日本経済新聞  2016/03/19(土)  バイオマス発電に使う木質燃料を海外調達する企業が増えている。王子ホールディングス(HD)は2017年に輸入量を現在の約2倍にする。発電量が天候に左右されないバイオマス発電は再生可能エネルギー導入拡大の鍵を握る。だが国内の間伐材などだけで発電需要を賄うのは難しく、普及に伴い燃料の海外依存が高まりそうだ。  バイオマス発電の稼働率は8割程度と、太陽…

続きを読む

再生エネ家計負担10倍に 12年度比 16年度から月600円台後半

 日本経済新聞  2016/03/18(金)  太陽光発電など再生可能エネルギーの拡大に伴う家計の負担が一段と膨らむ。標準的な家庭の電気料金の負担は2016年度から月600円台後半になる見通しだ。再生エネの固定価格買い取り制度が始まった12年度の10倍程度に達する。足元の原油安で電気料金は低下傾向にあるが、再生エネの負担が打ち消す形となりそうだ。  経済産業省が18日にも16年度の負担額を示…

続きを読む

アクセスの多かった記事(昨日)