始動 スー・チー氏のミャンマー(上) 軍の利権、経済改革に壁 政商との癒着強固

 日本経済新聞  2016/03/31(木) 【ネピドー=松井基一】国軍主導の政治が続いてきたミャンマーで30日、半世紀ぶりの文民政権が発足し、2011年に始まった民主化は新しい時代に入った。ただ「軍産複合体」による経済支配、独立以来の懸案である少数民族問題など負の遺産は積み残されたまま。「反軍事政権」の一点突破で国民の信任を得てきたアウン・サン・スー・チー氏の初めての政権運営は、難題が山積し…

続きを読む

ミャンマー新車 熱視線 VW・仏PSA上陸 地元企業が販売網

日本勢を追う 日本経済新聞  2016/03/10(木)  アジア一の「中古車天国」のミャンマーで、新車市場が立ち上がりつつある。先行した日本企業や米国勢に続き、独フォルクスワーゲン(VW)や仏プジョーシトロエングループ(PSA)も参入。ヨマ・ストラテジック・ホールディングス(HD)など新興企業とのタッグで需要掘り起こしに動く。国軍に近い政商が牛耳る中古車市場との競合では、今月末に控える政権交…

続きを読む

「失われた鎖」十字路へ

(ASIAN REVIEW) 日本経済新聞  2016/03/06(日)  「アジアのミッシングリンク(失われた鎖)」といわれたミャンマーで、経済の大動脈となる主要幹線道路の整備が一斉に進み始めた。民主化や少数民族との停戦が流れを加速。タイ国境では貿易拡大に加え、企業進出の動きも出てきた。地政学上の要衝にあるミャンマーの潜在力が花開こうとしている。  険しい崖の間を縫って延びる2車線道路の上…

続きを読む

「スー・チー大統領」遠のく 憲法規定の停止、断念

国軍との溝、あらわ 日本経済新聞  2016/03/02(水) 【ヤンゴン=松井基一】ミャンマー国会は1日、17日に予定していた新大統領候補の指名手続きを10日に前倒しすると発表した。与党、国民民主連盟(NLD)は、アウン・サン・スー・チー党首の大統領就任を目指して憲法規定の一部停止を模索していたが、国軍の反対の前にいったん断念。スー・チー氏に代わる“暫定”大統領の下、新政権を発足する方針に転…

続きを読む

「スー・チー大統領」へ法案 国軍の反発必至

ミャンマー下院に特別委 日本経済新聞  2016/02/06(土)憲法の外国籍親族条項 停止狙う 【ヤンゴン=松井基一】ミャンマー与党、国民民主連盟(NLD)が来週にもアウン・サン・スー・チー党首の大統領就任を阻む憲法規定を停止する法案を提出することが分かった。5日には新法案の適法性を審議する特別委員会が下院で発足。立法化に向けた布石とみられる。ハードルの高い憲法改正を避け“スー・チー大統領”…

続きを読む

ミャンマー新政権 挙国一致体制めざす

スー・チー氏、閣外から統率  日本経済新聞  2016/01/23(土)大統領候補に88歳側近 【ヤンゴン=松井基一】昨年11月の総選挙結果を受けた新国会の招集が迫るミャンマーで、次期大統領候補の選定が大詰めに入っている。選挙に大勝した国民民主連盟(NLD)では憲法の規定で大統領になれないアウン・サン・スー・チー党首(70)に代わりティン・ウー最高顧問(88)が最右翼に浮上。スー・チー氏は閣外…

続きを読む

ミャンマー西部の経済特区 中国企業主導で開発へ

新政権への影響力狙う  日本経済新聞  2016/01/05(火) 【ヤンゴン=松井基一】ミャンマー政府は西部ラカイン州のチャオピュー経済特区(SEZ)の開発を中国の国有企業を核とするコンソーシアム(企業連合)に委ねることを決めた。チャオピューにはすでに中国内陸部と結ぶ石油・ガスパイプラインも建設済みだ。中国のミャンマーへの影響力が一層、強まりそうだ。  チャオピューは2014年1月制定の改…

続きを読む

ミャンマー発展への貢献

大礒小磯  日本経済新聞  2015/12/23(水)  世界が注視する地域の一つにインドシナ半島がある。経済的魅力の高さから、半島を東西と南北に貫く幹線道路の整備プロジェクトが進む。もちろん、地政学的な位置づけを意識した大国の思惑も強い。 その地域の現状はどうなのか。経済発展から最後まで取り残されていたミャンマーの旧都ヤンゴンからタイ国境までを事例に、3つの事実を指摘したい。  第1に幹線…

続きを読む

スー・チー氏と軍トップ初会談

平和的政権移譲へ協力  日本経済新聞  2015/12/03(木)国軍との距離 見極め 【ネピドー=松井基一】11月の総選挙で大勝したミャンマー最大野党、国民民主連盟(NLD)のアウン・サン・スー・チー党首は2日、国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官と首都ネピドーで会談し、平和的な政権移譲に向け協力することを確認した。独立と統一を維持するのに国軍の役割は不可欠で、スー・チー氏としては今後…

続きを読む

地政学の要衝、主導権争う(ミャンマー特集)

参考資料👀 朝日新聞:中国石油輸入、ルート多様化 ミャンマー経由、パイプライン開通👀 日経BPnet:深化する「バーツ経済圏」、ミャンマーへの進出は慎重に👀 eneken.ieej:中国で、「ミャンマールート」が再浮上(PDF)日米中など関係強化へ  日本経済新聞  2015/11/30(月)  「民主化へのたゆまぬ努力をたたえる。新政権樹立はミャンマーにとって重要な一歩だ」――。11日、オバ…

続きを読む

アクセスの多かった記事(昨日)