FBI、乱射容疑者のiPhoneロック解除に成功

 AFP=時事 2016/03/29(火) 【AFP=時事】(更新)米検察当局は28日、カリフォルニア(California)州サンバーナーディーノ(San Bernardino)で昨年12月に起きた銃乱射事件の容疑者が所有していた「iPhone(アイフォーン)」のロック解除に、米連邦捜査局(FBI)が成功したと発表した。大きな論争を巻き起こした米政府とアップル(Apple)との法廷闘争は終結…

続きを読む

新型iPhone、コンパクトに アップル、4インチで値ごろ感

 日本経済新聞  2016/03/22(火) 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルは21日、カリフォルニア州クパチーノ市の本社で新製品発表会を開き、スマートフォン「iPhone」の4インチ画面の新モデル「SE」=写真左端、ロイター=などを発表した。価格は399ドル(日本では税別5万2800円)から。値ごろ感を出し、大画面化を嫌って買い控えていた層の買い替え需要を狙う。  「SE」は内蔵チ…

続きを読む

スマホ巡るFBIとの対立 アップル40歳の責任

(経営の視点)編集委員 村山恵一 日本経済新聞  2016/03/14(月)  スマートフォン(スマホ)「iPhone」のロック機能の解除を巡って、米アップルが米連邦捜査局(FBI)と対立している。どうすれば顧客のためになるのか――。難問を抱えたまま、4月1日の創業40年という節目が近づく。  2014年設立のベンチャー、チカク(東京・渋谷)が「まごチャンネル」と名づけたサービスの開始準備に…

続きを読む

アップルはなぜFBI捜査に協力しないのか

(わかりやすい時事解説)編集委員 関口和一 日本経済新聞  2016/03/06(日)  米IT(情報技術)業界で目下の話題といえば、アップルが米連邦捜査局(FBI)の協力依頼に対し、それを強く拒んでいるというニュースです。テロリストが使っていたiPhone(アイフォーン)の端末ロックを解除し、直近の情報を入手したいというのがFBIの要請ですが、ティム・クック最高経営責任者(CEO)は「他の利…

続きを読む

アップル VS FBI 米司法、割れる判断 NY地裁は保護解除認めず

長期化は必至 日本経済新聞  2016/03/02(水) 【シリコンバレー=兼松雄一郎】スマートフォン「iPhone」のセキュリティー解除を求めた米連邦捜査局(FBI)と米アップルの対立で、米司法が分裂し、混乱が深まっている。  2月29日に米ニューヨーク(NY)の連邦地裁は捜査当局の命令の正当性に疑問を呈し、アップルの主張を認める判断を下した。2015年12月のテロ事件を扱うカリフォルニア…

続きを読む

日本のヤフー、米で技術開発 国内サービスに活用/現地IT企業と提携

 日本経済新聞  2016/02/27(土)  日本のヤフーは米国でデータの大容量化に対応する高速分析技術の開発に乗り出す。3月に米シリコンバレーに開発拠点を設置し、現地大手と提携してデータを高速処理するサーバーを共同開発する。モノのインターネット化(IoT)や人工知能(AI)が浸透して世界でデータが大規模化しており、高速分析技術が企業の競争軸になる。外部と協力しながらデータ処理の技術を高める…

続きを読む

米フェイスブック、世界の30社と提携 次世代通信インフラ開発

 日本経済新聞  2016/02/23(火)  【バルセロナ=小川義也】交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは22日、次世代の通信インフラの開発で世界の通信事業者や通信機器メーカー30社と提携すると発表した。スマートフォン(スマホ)の普及に伴うデータ通信量の爆発的増加に対応できる低コストで効率的な通信機器を共同で開発。世界人口の半分以下にとどまるネット利用者の拡大に向け、通信網の高度化…

続きを読む

アップル、譲れぬ一線 FBIの個人情報収集協力要請を拒否

テロ事件のスマホ保護解除、アップルに強制を 米司法省申し立て日本経済新聞  2016/02/19(土)夕刊 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米司法省は19日、テロ事件容疑者が所有していたスマートフォンのセキュリティー機能解除を拒んだ米アップルに対し、解除を強制するよう裁判所に申し立てた。米連邦捜査局(FBI)からの協力要請を、アップルは個人情報保護を理由に拒否しているが、司法省はこれを「同社のマ…

続きを読む

インテル「3本の矢」育つ パソコン超え 依存脱却へ手応え

営業益、データセンター・IoT・メモリー 日本経済新聞  2016/02/09(火)  半導体世界最大手、米インテルがその姿を変えつつある。縮小が続くパソコン(PC)市場に依存する体質からの脱却を目指し、データセンター、モノのインターネット「IoT」、メモリーの3分野に重点投資する戦略が奏功。3事業の営業利益の合計は2015年にPC事業を初めて上回った。ただ、稼ぎ頭のデータセンター市場には宿敵…

続きを読む

アップル、成長の芽模索 人工知能や仮想現実

多角化狙い企業買収 日本経済新聞  2016/02/03(水)  米アップルが、人工知能(AI)や仮想現実(VR)といった新分野への投資を加速させている。主力商品「iPhone(アイフォーン)」が失速気味で、株式の時価総額で世界トップの座をグーグルに明け渡したアップル。「多角化」で活路を見いだせるのか。  アップルが着目するのがAIの分野だ。昨年秋以降、AIで独自の技術を持つ新興企業数社…

続きを読む

アクセスの多かった記事(昨日)