人工知能ブームの背景は 電力自由化の課題探る

(経済論壇から)慶応義塾大学教授 土居丈朗 日本経済新聞 2016/03/27(日) マイナス金利導入から1カ月。その解釈や評価が、今月の論壇を賑(にぎ)わした。国債金利がマイナスになる中、これを生かして国債を増発して財政出動してはどうかとの意見が、政界から出始めている。□  □  同志社大学教授の鹿野嘉昭氏(3月8日付経済教室)は、企業の資金調達コストを引き下げる利点を認めつつも、金利がマ…

続きを読む

中東複合危機から第三次世界大戦へ 錯綜した情勢を腑分けし分析

山内昌之著 日本経済新聞  2016/03/20(日)  かつて中東問題といえばパレスチナ問題だった。それが今ではかすむほどに、深刻な出来事が次から次へと起きている。こうした状況を著者は「複合危機」と名づけ、錯綜(さくそう)した情勢をわかりやすく腑(ふ)分けしている。  関わっている国々の思惑についての分析が興味深い。シリア空爆に踏み切ったロシアのプーチン大統領は力による失地回復を目指してい…

続きを読む

開発なき成長の限界 インドになお存在する断絶とは

(この一冊)アマルティア・セン、ジャン・ドレーズ著 日本経済新聞  2016/03/20(日)  インド出身でノーベル経済学賞に輝いたアマルティア・センは、これまでにもジャン・ドレーズとの共著で『飢餓と公共活動』『インドの開発』などを発表してきたが、本書も共作のひとつである。彼らの立場は、自由化後のインドの目覚ましい経済成長を礼賛する人たちのそれとは明確に異なる。人間の「潜在能力」を拡大させる…

続きを読む

藤沢秀行の囲碁と経済学 熱い心と冷静な頭脳

(半歩遅れの読書術)松井彰彦 日本経済新聞  2016/03/06(日)  昔、酔うとよくうちに電話をかけてくる伯父がいた。たいていは母が応対していたが、時折「彰彦を出せ!」とくる。東大に入学したときもお祝いの言葉でもくれるのかと思いきや、「お前はバカだからな。バカは勉強しなきゃダメだ」と叫んでいた。それが僕の記憶にある藤沢秀行だ。  我が家には碁打ちだった伯父の著書が転がっていたので、大し…

続きを読む

ガイトナー回顧録 ティモシー・F・ガイトナー著

元財務長官が総括する金融危機 日本経済新聞  2015/10/18(日)  2008~09年、米国は大恐慌以来の深刻な金融危機に襲われた。政府は、文字通り徹夜で対応にあたり、救済のためにピーク時7兆ドルもの巨額の資金枠を用意した。この時、ニューヨーク連銀総裁、財務長官として、救済策を立案し執行した中心人物が著者ガイトナーであった。  本書は、彼が、「よろめき、挫折、いさかいはあったが、たとえ…

続きを読む

危機と決断(上・下) ベン・バーナンキ著

異例の金融政策生んだ現場を回顧 日本経済新聞  2016/03/06(日)  本書は、米連邦準備理事会(FRB)議長として世界金融危機と、世界恐慌以降では最も深刻な不況に直面する中、政策のかじ取りにあたった著者の回顧録で、当事者しか知り得ない政策決定の現場を明らかにしている。危機対応では、ベアー・スターンズやAIGなどの救済、リーマン・ブラザーズの破綻から、ユーロ市場危機に至るまで、各ケースご…

続きを読む

底流にある本質を読み解くことができない

(鈴木幸一 IIJ会長ブログ) 日本経済新聞  2016/03/01(火)  予想されていた事だが、2015年の国勢調査の速報値で、日本の人口が0.7%減少したという報告がされている。出生者の数が死者の数を下回れば、移民を受け入れない限りは、人口が減少するのは当たり前である。今後も、移民政策が変わらない限り、日本の人口減少は加速するはずである。いまだに世界3位の経済大国である日本が、人口減少と…

続きを読む

冨山和彦著「会社は頭から腐る」(2)終身雇用や年功序列 過剰適応で成長阻害

(大海太郎と経営書を読む)「会社は頭から腐る」 日本経済新聞  2016/02/23(火)  日本では終身雇用、年功序列といった仕組みが高度成長期と非常にうまくマッチし、無用なあつれきを排除して安心感を持って仕事ができるという、きわめて安定した階層構造が出来上がりました。日本は当時の時代と社会に完璧なまでに適応した合理的なシステムを発展させてきたのです。  その後、高度成長期が終わり低成長時…

続きを読む

エコノミストが選ぶ経済図書ベスト10 資本主義の本質を問う力作

 回顧2015データ駆使した社会分析も  日本経済新聞  2015/12/27(日)  毎年恒例の「エコノミストが選ぶ経済図書ベスト10」の結果がまとまった。今年は資本主義の構造問題や、日米の金融危機を分析した著書が上位を占めた。グローバル経済が不安定さを増す中で、資本主義の本質を解き明かす著書が求められているようだ。最近の経済学界の潮流を反映し、データを駆使して経済や社会現象を鋭く分析した著…

続きを読む

仮想図書館の書架

 検索エンジン:Google<目次>週刊誌(立ち読み)日経電子版朝日新聞電子版マスコミアマゾン(本)NHKオンデマンド特許情報プラットフォーム青空文庫&千葉市図書館動画のダウンロード方法1.週刊誌(立ち読み) 参考資料👀 東洋経済:週刊東洋経済ONLINE STORE👀 毎日新聞:週刊エコノミスト👀 ダイヤモンド:週刊ダイヤモンド(無料会員登録有り)👀 日経BP:日経ビジネスONLINE👀 Ne…

続きを読む

アクセスの多かった記事(昨日)