G20声明、市場は警戒解かず …原油安や中国、解決遠く

「政策総動員」期待でも 日本経済新聞  2016/02/29(月)  中国・上海で開いた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を受け、金融市場はいったん落ち着きを取り戻すとの見方が多い。年初以降の市場動揺に対し、共同声明で政策手段の総動員を表明したことに期待が高まっている。ただ原油安や中国経済減速といった根本的な問題の解決に直接つながらないとして先行きを楽観視する声は広がっていない。…

続きを読む

円巡りさや当て 資本流出対策では前進

主張食い違う「マイナス金利政策」論議 日本経済新聞  2016/02/28(日) 【上海=石川潤】20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の共同声明で通貨安競争の回避を確認する一方、為替政策をめぐって各国のさや当てが繰り広げられた。ユーロ圏財務相会合のデイセルブルム議長は27日、「日本について討議があった。競争的な切り下げにつながるのではないかと多少懸念があった」と複数のメディアに発言…

続きを読む

経済減速阻止へ協調 G20財務相 為替、緊密に協議

市場変動「実態映さず」 日本経済新聞  2016/02/28(日) 【上海=石川潤】日米中など20カ国・地域(G20=きょうのことば)が中国・上海で開いた財務相・中央銀行総裁会議は27日、世界経済の減速を阻止するために「すべての政策手段を用いる」との共同声明をまとめ、閉幕した。中国を起点とする不安の連鎖に歯止めをかける狙いだ。為替では「過度の変動」への警戒を示した上で「緊密に協議する」と踏み込…

続きを読む

資本流出抑制へ指針検討 G20開幕、景気下支えに財政政策も

 日本経済新聞  2016/02/27(土)  【上海=石川潤】20カ国・地域(G20)は26日、中国・上海で財務相・中央銀行総裁会議を開き、市場安定に向けた新たな政策協調の議論を始めた。会議では新興国からの資本流出を抑制するための指針作りを麻生太郎財務相が提案。作業部会で資本規制の効果と副作用の分析などを進めていくことが決まった。G20は通貨安競争を回避することでも一致した。  1日目の会…

続きを読む

G20、資本流出抑制へ指針 きょう財務相会議、市場不安払拭狙う

 日本経済新聞  2016/02/26(金) 【上海=石川潤】20カ国・地域(G20)は26日に中国・上海で始まる財務相・中央銀行総裁会議で、新興国からの資本流出を抑えるための指針作りに着手する。金融市場の混乱を抑える規制手段やその導入条件を検討する。中国が財政支出の拡大を表明、米国も追加利上げを慎重に検討する姿勢を示す見通しだ。日米中などは政策協調を演出し、世界経済の先行き不安の払拭を狙う。…

続きを読む

IMF「国際金融に安全網を」 G20控え政策提言 資本流出懸念

 日本経済新聞  2016/02/25(木) 【ワシントン=河浪武史】国際通貨基金(IMF)は24日、中国・上海での20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を控えて世界経済に関する政策提言を発表し、「新興国の資本流出リスクが高まり、国際金融の新たな安全網をつくるべきだ」と指摘した。IMFは伝統的に資本自由化を推し進めてきたが「資本流出入の管理を含め、政策手段を再検証していく」とも表明し…

続きを読む

アクセスの多かった記事(昨日)