マイナス金利が効く国柄

 日本経済新聞  2016/03/21(月)  2月半ば。東京都内での会合に招かれた日本銀行の黒田東彦総裁は、マイナス金利についてこう述べた。「欧州の小国の事例は参考にならない」  同じ頃、小国のひとつデンマーク国立銀行(中央銀行)のカールセン副総裁は、マイナス金利の狙いを「海外からの資金流入に歯止めをかけ、通貨クローネの対ユーロ相場を安定させるためだ」と記者に語った。  スイス国立銀行、…

続きを読む

欧州企業、ユーロ建て社債発行急増 欧州中銀の買い入れ策受け

 日本経済新聞  2016/03/18(金) 【ロンドン=黄田和宏】欧州企業によるユーロ建て社債の発行が急増している。ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ、ベルギー)は16日、ユーロ建てとして過去最大規模となる総額132億5000万ユーロ(1兆6700億円)の社債発行を決定。欧州中央銀行(ECB)が10日に債券買い入れの対象に社債を含めると決定したことで買い手が増え…

続きを読む

マイナス金利1年超、先行スイス悩み深く 納税前倒し特典廃止

海外支店で手数料検討   日本経済新聞  2016/03/14(月) 【ジュネーブ=原克彦】中央銀行が銀行の余剰資金に手数料を課す「マイナス金利」導入から1年以上が過ぎたスイスで、自治体や銀行が対応に苦慮している。余剰資金を抱え込まないよう前倒し納税への「特典」廃止に踏み切る自治体が相次ぎ、銀行界では国外の支店でも手数料導入を検討するところが出てきた。  スイス中銀は17日に金融政策決定会合…

続きを読む

ユーロ圏は金融緩和だけで再生できぬ

社説 日本経済新聞  2016/03/13(日)  欧州中央銀行(ECB)が包括的な金融緩和策を決めた。 銀行が余剰資金をECBに預けた際に課すマイナス金利を、いまの0.3%から0.4%にする。国債などを大量に買い取る量的金融緩和の規模も拡大し、買い取り対象に社債も加える。  物価が持続的に下落するデフレを阻止するため、現時点で可能な政策を総動員した感さえある。大事なのは、ユーロ圏の各国政府…

続きを読む

「マイナス金利は限界」の見方 欧州、企業の信用回復期待

欧州中銀社債購入 資金繰り安定 日本経済新聞  2016/03/12(土) 【ロンドン=黄田和宏】欧州中央銀行(ECB)は10日に追加金融緩和を決めたが、ドラギ総裁が追加利下げを否定したことで「マイナス金利政策が限界に達した」との見方が広がっている。一方で、量的緩和策の購入対象に社債を加えたことには「南欧企業などの資金繰り安定につながり、銀行の信用回復にもつながる」との期待が出ている。  E…

続きを読む

欧州中銀が追加緩和 量的緩和拡充 マイナス金利拡大

 日本経済新聞  2016/03/11(金) 【フランクフルト=赤川省吾】欧州中央銀行(ECB)は10日の理事会で包括的な金融緩和策を決めた。銀行が余剰資金をECBに預けた際に課すマイナス金利を現在の0.3%から0.4%にする。国債などを大量に買い取る量的金融緩和の規模も拡大する。原油安で低迷する物価をてこ入れする狙いがある。  ドラギ総裁は理事会後の記者会見で「物価安定という政策目標が大き…

続きを読む

欧州銀、収益に懸念残る 前期、大手6行が大幅赤字・減益

バークレイズ、アフリカ事業売却 日本経済新聞  2016/03/02(水) 【ロンドン=小滝麻理子】欧州大手銀行の収益の先行きに対する懸念が浮上してきた。1日発表の英バークレイズを含む大手12行の2015年12月期通期決算は、6行が最終損益の大幅な赤字や減益を強いられた。金融規制に対応するための合理化や不良債権処理が収益を圧迫している。欧州景気がもたつくなか、今期も銀行の経営環境は視界不良だ。…

続きを読む

ユーロ、3年ぶり安値 対円、追加緩和観測広がる

 日本経済新聞  2016/03/02(水)  外国為替市場でユーロが急落している。1日には対円で一時、約3年ぶりのユーロ安・円高水準を付けた。欧州中央銀行(ECB)が10日の理事会で追加金融緩和に動くとの見方が背景にある。市場ではユーロの一段安を見込む声がある一方、思惑先行のユーロ売りが波乱を招きかねないと警戒する見方も出始めた。  1日の東京外国為替市場でユーロ相場は対円で一時、1ユーロ…

続きを読む

アクセスの多かった記事(昨日)