新電力、厳しい体力勝負 日本ロジテック、破産手続きへ

参入容易、もうけは少なく 日本経済新聞  2016/03/16(水)  電力小売りの全面自由化を控え、新電力に淘汰の波が忍び寄っている。日本ロジテック協同組合(東京・中央)が近く破産手続きに入る見通しとなり、15日には高知市が売電代金の支払いを求める訴訟を起こした。電力の小売りは利幅が薄い一方、参入は事業者の届け出だけで可能だった。全面自由化で値下げ競争が体力勝負となれば、財務基盤の弱い事…

続きを読む

アクセスの多かった記事(昨日)